北大阪 千里中央 豊中市の矯正歯科、高橋矯正歯科クリニックの今月の症例報告です。

今月の症例報告

厚生労働省の医療広告ガイドライン(2018/5/8)および日本矯正歯科学会ホームページ倫理審査指針(2019年3月現在)に沿って掲載いたします。
治療前後の写真等について(Q2-8、ガ:P9) 治療等の内容もしくは効果について患者を誤認させる恐れがなく、術前又は術後の写真に通常必要とされる治療内容、費用等に関する事項や、治療等の主なリスク、副作用に関する事項等の詳細な説明を付した場合については、掲載可となります。本学会としては、症例毎に以下の事項を漏れなく記載した場合のみ、掲載可とします。1主訴、2診断名あるいは主な症状、3年齢、4治療に用いた主な装置、5抜歯部位、6治療期間、7治療費、8リスク副作用・費用は概算が記載されていれば問題ありません。「費用はこちら」、「リスクはこちら」と別のページに飛ぶような作り方がされていても問題ないこととします。
体験談や口コミ情報等について(Q2-9~11、ガ:P9)体験談や口コミ等を取捨選択し掲載することは虚偽・誇大広告に当たりますので、掲載できません。

先天性欠如歯[永久歯の先天性欠如]

歯科医院から紹介されて来院し、上顎第一大臼歯の萌出を待ったところ左側第一大臼歯が反対咬合を呈したため、資料採得し上下顎両側第二小臼歯および上顎両側第二大臼歯の先天性欠如を確認しました。上下顎前歯部に叢生がみられたため、上下顎両側第二乳臼歯を抜歯してEdgewise装置を萌出している永久歯に装着して上下顎前歯を配列し一期治療を終えました。下顎両側第二大臼歯の萌出を待って資料採得しましたが二期治療を開始されず、17歳時に左側顎関節雑音がみられたため下顎両側第三大臼歯を抜歯しました。左側臼歯部の反対咬合の再発がみられたため、20歳時に患者様の希望で二期治療を開始し良好な永久歯咬合を確立しました。6歯以上の先天性部分無歯症が保険改訂により追加されたため、二期治療は健康保険3割負担で行いました。

主 訴 歯並び
診 断 骨格性上顎前突症,歯列不正,上下顎両側第二小臼歯および上顎両側第二大臼歯の先天性欠如,顎関節症
年 齢 6歳6カ月
装 置 上下顎セクショナル装置,Edgewise装置,歯科矯正用アンカースクリュー
抜歯部位 上下顎両側第二乳臼歯,下顎両側第三大臼歯
治療期間 12カ月(上上下顎セクショナル装置),2年1カ月(Edgewise装置)
治療費 初診相談無料+観察料2,625円x5回+検査21,000円+診断42,000円+一期矯正料288,750円+口腔衛生指導料2,625円+調整料5,250円x16回+観察料2,625円x5回+観察料2,700円x2回+調整料5,400円x2回+二期矯正料保険適用3割負担150,612円(2020.11.21動的矯正治療終了までの治療費)6歯以上の先天性部分無歯症の保険改訂による追加
リスク副作用 矯正力による歯の痛み・歯の変色・歯根吸収、矯正装置による裂傷、う蝕および歯周病などの歯科疾患の発生や進行などの副作用リスクがありました。

歯列不正[叢生・混合歯列期]

初診時に乳前歯に叢生がみられ永久歯の萌出のための発育空隙がなく、しばらく前歯の交換を観察したところ、上顎側切歯および下顎犬歯の萌出余地が不足し下顎歯列正中が右方偏位したため、機能的矯正装置である下顎拡大ネジ付Bionatorを用いて上下顎を拡大後、萌出している永久歯にEdgewise装置を装着して上下顎前歯を配列しながら側方歯の萌出を誘導して一期治療を終えました。13歳時に上顎左側犬歯が低位唇側転位いわゆる八重歯で萌出したため二期治療を開始し、全顎のEdgewise装置を用いて保護者様および患者様の希望で小臼歯を抜歯せずに被蓋を改善し、良好な永久歯咬合を確立しました。

主 訴 歯並び
診 断 歯列不正,上顎側切歯および下顎犬歯の萌出余地不足,骨格性下顎前突症傾向
年 齢 6歳5カ月
装 置 Bionator,上下顎セクショナル装置,Edgewise装置
抜歯部位 小臼歯非抜歯
治療期間 1年8カ月(Bionator),2年0カ月(上下顎セクショナル装置),2年5カ月(Edgewise装置)
治療費 初診相談無料+観察料2,625円x5回+検査21,000円+診断42,000円+一期矯正料294,000円+口腔衛生指導料2,625円+調整料5,250円x4回+ 観察料2,625円x1回+調整料5,400円x19回+観察料2,700円x2回+二期矯正料302,400円+調整料5,400x15回+調整料5,500x11回(2020.09.19動的矯正治療終了までの治療費)
リスク副作用 矯正力による歯の痛み・歯の変色・歯根吸収、矯正装置による裂傷、う蝕および歯周病などの歯科疾患の発生や進行などの副作用リスクがありました。

このページの先頭へ