北大阪 千里中央 豊中市の矯正歯科、高橋矯正歯科クリニックの症例報告です。

症例報告

症例をご紹介いたします。

埋伏歯[混合歯列期]

歯科医院で上顎右側犬歯の埋伏を指摘されて紹介来院されました。上顎右側犬歯が後方の第一第二小臼歯間に埋伏しており、舌側弧線装置を用いて側切歯第一小臼歯間に牽引しました。牽引中に上顎右側中切歯を打撲し失活はしませんでしたが変色が生じました。全顎のEdgewise装置に移行して小臼歯を抜歯せずに上顎右側犬歯を配列し、II級ゴムを用いて上顎前突を改善し良好な永久歯咬合を確立しました。変色が残存している上顎右側中切歯は、保定治療後に審美修復を検討する予定です。

主 訴 上顎右側犬歯の埋伏
診 断 歯槽性上顎前突症,上顎右側犬歯の埋伏
装 置 上顎舌側弧線装置,Edgewise装置
治療期間 1年2か月(上顎舌側弧線装置),3年0か月(Edgewise装置)

動的矯正治療終了時アンケート

治療例に戻る

このページの先頭へ